タワーマンションについて詳しくご紹介します!

タワーマンションの夜景

このサイトではタワーマンションに関する注意点や、その選び方からメリットまでを掲載しています。
中古であっても強い人気を持つ物件もありますので、出来るだけ自分の希望通りの物件を選びましょう。
さらに「こんなマンションの場合は避けた方が良い」という物件の情報も同時に確認し、出来るだけ心地よい住まいを手に入れられるように知識を身につけておけば、悪質な物件を避けられるものです。
これらの知識を備えておきましょう。

中古タワーマンションに住む際の注意点

中古タワーマンションに住む際の注意点 中古でもそうでない場合でも、タワーマンションにはエレベーターやホールなどの共有部分が存在します。
この時、出来るだけどのような設備がどの程度揃っているのかを、確認しておくべきです。
タワーマンションの管理費用や修繕積立金は年々上がる可能性があります。
せっかく素敵な住まいを手に入れても、これらの維持管理費の支払いが大変であるためタワーマンションを去るという人もいるのです。
コンシェルジュサービスやフィットネスジムなどがある場合は、管理費などが非常に高額になりますので、気をつけましょう。
中古でも言えることですが、住民との話し合いがまとまらないという場合もあります。
投資物件としてマンションを保有している人もいますから、住民がいつでも在宅しているとは限らないのです。

タワーマンションの停電について考えてみよう

タワーマンションの停電について考えてみよう 現代は様々な住まいが建設されるようになっています。
オリンピック内需や大阪万博を目論んで、首都圏でも多くのマンション建設が見られるのです。
なかでもタワーマンションの建設は後を絶ちません。
今では多くの人の憧れの住まいになっておりニーズも高く、間取りが広く、日当たり良好で高層階ほど完売が相次ぐのです。
タワーマンションというとその販売額も数億することも珍しくなく、お金の持ちの住む便利なマンションとしてのイメージが強いです。
しかし実際に住んでみて、いろいろ分かってくることがあります。
一つは停電に非常に弱い住まいであると言うことです。
ひとたび震災などの災害で電気が落ちてしまうと、高層階に上るためのエレベーターが全てストップしてしまいます。
すると買い物や通勤では非常階段を使うしか方法がなく、生活がままならなくなってしまうのです。
なかでも震災などの場合は、飲み水や生活水を何十階も階段を上り下りし、それらをはこばなくてはなりません。
高齢者、持病を抱える人は特に過酷な住まいになってしまい、生活がままならなくなります。
高級タワーマンションというと、さまざまな施設がマンション内に充実してセレブな生活ができますが、災害や停電を考慮して住むか否かを考える必要もあります。

賃貸市場でも人気を集めているタワーマンション

タワーマンションは、賃貸市場でも大人気の物件です。住宅情報サイトでは常に入居者が募集されており、人気のエリアや物件は空室ができてもすぐに埋まってしまうほどです。
賃貸市場でタワーマンションが人気を集める理由は、基本的には分譲の場合と変わりありません。高層階なら美しい眺望、充実した共用施設に生活を便利にしてくれるサービス、そして広々とした明るいお部屋などそれぞれの物件に魅力的な部分はあります。ターミナル駅に直結したタワーマンションも数多くありますから、アクセスや日常のお買物が便利になるのも魅力の一つでしょう。そうした魅力を持つ物件に、数内予算で住めるのも人気を集める要因です。
分譲されている物件を購入すると、都心では億を超えるケースも珍しくありません。しかし家賃は他の物件と比べると高いものの、借りるなら圧倒的に安上がりです。今後もタワーマンションは市場に多く出回ると考えられるので、さらに人気を集めていくでしょう。

タワーマンションとは?その定義を詳しく解説!

みなさんも「タワマン」という単語を一度は耳にしたことがあると思います。ですが、その定義までは知らないという人が多いのではないでしょうか。ここでは、「どんな建物をタワーマンションと呼ぶのか」や「タワマンと普通のマンションの違い」について解説していきます。
はじめに、タワーマンションとは他のマンションよりも際立って高いマンション、俗に言う超高層マンションのことです。では、どのくらい高ければタワーマンションとみなされるのでしょうか。日本ではタワマンを定義する法律はありません。しかし、一般的には高さが58メートル以上のマンションをタワーマンションとみなすことが多いようです。高さ58メートルとは、階数にすると20階建て以上のマンションにあたります。すなわち、タワマンとは高さが58メートル以上であり20階建てに相当するマンションのことを指しているようです。ちなみに、日本の法令では高層建築ほど厳しい基準が設けられているので、工事には高い技術とコストが必要です。普通のマンションに比べてワンランク上のサービスや設備を備えるタワマンですが、建築という視点から見ても高度な技術をもって建てられているのです。

タワーマンションの維持費は割高になるケースがほとんどです

現在タワーマンションは高級住宅の代名詞のような存在にもなっていますが、購入価格においても、また賃貸においても、他の住宅と比べた場合には、管理費や修繕積立金等まで高くなる傾向にあります。
まず管理費についてですが、タワーマンションの日常的な管理のために使われるものであり、設備を維持するために使ったり備品の購入等に使われることが多いです。管理人や清掃員の人件費や事務管理費、消防設備や駐車場、その他にも植栽管理や雑排水管清掃など多岐に渡ります。積立金はマンションが老朽化した際の補強工事など、長期的な目的で積み立てられることになります。一般的なマンションと比べると、これらの維持費はかなり高くなりますが、その理由は高層建築物に必要な設備があることや居住者専用のサービスがあることなどが該当します。警備員などの人件費も他のマンションと比べるとかなりかかることになるでしょう。快適さを維持していくためにも必要なものであると割り切りましょう。

タワーマンションはセキュリティが充実しています

近年人気を集めているタワーマンションは、居住世帯数もかなりのものになり、宅配業者を始めとし外部の人も多数出入りする傾向にあります。このようなことから、大規模であればあるほどタワーマンションのセキュリティの重要性が高まってきているとも言えるでしょう。安心、安全に生活をするためにも欠かすことができません。
取り入れられているものの1つに多重のオートロックシステムが挙げられます。エントランスはもちろんのこと、エレベーターでは鍵を差し込まなければ操作できなかったり、ダブルオートロックを採用しているところも多いです。日々進化を遂げていて、物件によりトリプルオートロックが採用されているところもあるのです。また来客があった時にもエントランスのインターホンを押した後に、対応したフロアにしかエレベーターで行くことができないものや、フロントで出されたカードキーがなければ利用できないものもあります。近年では複製が難しいディンプルキーのみならず、ICカードタイプ、顔認証等を採用しているところも多いです。このようにセキュリティ面が強化されてきていることがわかるでしょう。

タワーマンションで一人暮らしをすることにはメリットがあります

近年では高層階からの眺めが良いなどの理由から、タワーマンションの人気が非常に高まっています。
セキュリティシステムや共用設備なども上充実しているため、そこに居住しているだけでもステータスを感じることができるでしょう。このようなタワーマンションで一人暮らしをすることには数多くのメリットがあります。その1つはなんといってもオートロックや防犯カメラ、テレビ付きインターホンなどが設置されているので、セキュリティがしっかりしている点と言えるでしょう。女性でも安心して生活をすることができます。場所によっては24時間のセキュリティシステムが採用されていたり、何重にもわたるセキュリティラインが設定されているところも多く見られます。またこれだけではなく共用設備が豊富である点もメリットに当たります。宅配ボックスがあれば日中留守にしていたとしても宅配便を受け取ることができます。再配達を煩わしく思う人も多いため、一人暮らしの場合には欠かすことのできない設備です。

契約前に知っておきたいタワーマンションのデメリットとは

いつかはタワーマンションで生活したいと考えている人は多いでしょうが、魅力的な物件であることは間違いありませんが、実はタワーマンションならではのデメリットもいくつか存在します。 まず、何といっても30階とか50階建てとなると世帯数も多く、生活している住人の数も非常に多くなります。200~300世帯は当たり前で、物件によっては1000世帯以上のものも少なくありません。いろんなタイプの人が暮らす共同住宅ということになり、騒音問題、ゴミ回収などのトラブルが発生する可能性も高くなります。 また、世帯数が多いタワーマンションで起こりがちな問題として、宅配便の問題があります。大手の宅配便の場合、1回から最上階まで順番に回ってきますので、部屋に到着するのに結構な時間がかかったりします。 同様に、世帯数が多いと通勤時などにエレベーターが混雑することもマンションによってはあります。機械式駐車場の場合にも混雑することは少なくないでしょう。 さらには、何といってもこのインフレ下では購入の場合には都心では億ションは当たり前で、賃貸料も驚くような高額な家賃となっています。

タワーマンションでの近隣住民とのトラブルを避けるために大事なこと

通常の物件と同じように、タワーマンションでもトラブルは発生します。「タワマンってしっかり作られているから近隣住民と問題が起こらないんじゃないか?」と考える人は多いですが、全くそんなことはありません。間違った利用方法をしている人がいるのなら、住民同士で争い事が起こることがあります。タワーマンションに住む住民同士の問題で特に多いのが、騒音トラブルです。壁が薄い物件もあり、このようなところで大声で生活していたら周りの方々に迷惑をかけてしまうでしょう。この問題を避けるためには、静かに生活するしかありません。友達を呼んで夜な夜なワイワイするのではなく、できるだけ一人で過ごすことをおすすめします。基本的に静かに生活していれば、周りの人達と問題が起こることはありません。この騒音問題は一般的な住居だけではなく、タワーマンションでも争い事が発生するものです。きちんと周りの人に配慮をしながら生活をするようにして下さい。

タワーマンションはどんな地域に多く建つのか

タワーマンションは、一般的には高さが60メートル以上で、20階以上のマンションとされています。この定義は法律的な定義ではありません。タワーみたいな形状であるためにタワーマンションと言われていますが、その安全性は国土交通省の認定を受けています。立地地域としては生活に便利な場所に建設されることが多い傾向です。東京ではウォーターフロントに建っているマンションで、山の手には低層の住宅が建っています。高い建物であるために、眺望が素晴らしく日当たりも良好です。周辺地域にスーパーやコンビニエンスストアや図書館、病院や保育施設や大型商業施設など、生活に必需な施設がまとまって立地していることが多いのも特徴です。また、地方でもタワーマンションの建設が進んでいて、首都圏では夫婦で共働きをしているパワーカップルが購入していますが、地方では年収が低くても購入が可能なマンションが売り出されています。タワーマンションは、通常のマンションよりも分譲価格が高くなる傾向があり、購入後も資産価値が上昇する事もあります。地方では住み替えや相続時に空き家になってしまう一戸建てよりも、リセールバリューの高いこのタイプのマンションが好まれる事が多く、将来を見越して購入する機運が高くなるのです。

安全性を考慮するならタワーマンションがおすすめ

住む場所によって安全性は変わってきます。物件選びでこの部分を重視している人も多いでしょう。安全に住みたいのならおすすめはタワーマンションです。基本的にタワーマンションはセキュリティがしっかりしているところが多いので、防犯面で利点があります。エントランスには受付けがいたり警備員がいる物件もあったりするので、侵入者をここで捕まえることが可能です。通常のマンションでも、オートロックなどの防犯対策が用意されていますが、これを破られてしまうと警備員などがいないので安全が脅かされることになります。タワーマンションの中には、侵入者が入ったときに警備会社にすぐ連絡してくれるところもあります。これにより、一刻も早く良からぬことを考えている人を捕まえることができるでしょう。特に、最近では一軒家を狙った泥棒被害が多くなっています。一軒家に住んでいる人は安全性を考えるならタワーマンションに引越すことをおすすめします。

タワーマンションと階数の関係について!低層階、高層階って何?

昔は20階以下でもタワーマンションと呼んだりしましたが、最近では20~30階以上のものをそう呼ぶのが通例でしょう。庶民の憧れでもあり、いつかは住みたいというタワーマンションですが、階数が高いだけに非日常的な眺望を期待する人も少なくはありません。 しかし、同じタワーマンションでも低層階と呼ばれる部分と高層階と呼ばれる部分があります。低層階とは2階、3階などの比較的低い部分の部屋のことを指し、高層階とは20~30階以上や最上階などのことを指します。一般的には、高層階の住民は低層階の住民を下に見るような噂もありますが、必ずしもそうではありません。 高層階には高層階のメリットがありますが、低層階にも多くのメリットがあるのです。何より、購入代金や家賃が安くなるというメリットはもちろん、災害時にエレベーターが使用できない場合でも簡単に地上に出ることができます。また、眺望に起きることもありますし、仕事が忙しく夜景を楽しむ時間もないという人も多いでしょう。タワーマンションには、豪華で利便性の高い共用設備も多くありますが、こちらも階数に関係なく利用できます。

おすすめの高級賃貸情報サイト

タワーマンション

新着情報

◎2023/5/15

情報を更新しました。
>契約前に知っておきたいタワーマンションのデメリットとは
>タワーマンションでの近隣住民とのトラブルを避けるために大事なこと
>タワーマンションはどんな地域に多く建つのか
>安全性を考慮するならタワーマンションがおすすめ
>タワーマンションと階数の関係について!低層階、高層階って何?

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>賃貸市場でも人気を集めているタワーマンション
>タワーマンションとは?その定義を詳しく解説!
>タワーマンションの維持費は割高になるケースがほとんどです
>タワーマンションはセキュリティが充実しています
>タワーマンションで一人暮らしをすることにはメリットがあります

◎2021/6/25

地上に近い階のおすすめ理由
の情報を更新しました。

◎2021/4/16

エリアの特徴を把握しよう
の情報を更新しました。

◎2021/2/12

よくあるエレベーター問題
の情報を更新しました。

◎2020/12/9

値段の目安
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

サイト公開しました

「タワーマンション 中古」
に関連するツイート
Twitter

《新着》 【中古マンションx一般】 MJR堺筋本町タワー ★37階建てタワーマンション16階部分 北西角部屋 2面バルコニー ペット飼育可(規約あり)★【

返信先:タワーマンションの屋上テラスが、デベロッパーの旭化成不動産レジデンスにより、勝手にガラス塀仕様から鉄格子塀仕様に変更された、などあり得ない事です。 タワーマンションの屋上テラスが鉄格子塀仕様など前代未聞ですね! 資産価値がダダ下がりだし、中古物件として転売する際に足かせになる。

返信先:空き家が増える一方で地方都市でもタワーマンションの建設が続いていますね。外国では中古住宅への抵抗が少ないようだけど日本は新築志向がかなりあるんでしょうか?住宅の受給調整に政治はどのように関わるべきか考える必要ありますね。

《新着》 【中古マンションx一般】 プレミストタワー大阪新町ローレルコート ★38階建てタワーマンション27階部分 南東角部屋 東・南2面バルコニー ペット飼育可(規約あり)★【

アメブロを投稿しました。 希望売出し価格ではあるものの、参考になる数字だと思います。 『【都心中古マンション×最高値更新】2024年1月』