タワーマンションのよくあるエレベーター問題

タワーマンションの夜景

タワーマンションのよくあるエレベーター問題

タワーマンションのよくあるエレベーター問題 タワーマンションでしばしば発生するのが、エレベーターがなかなか自分の階にとまらない、という問題です。
一般的な建築物に比べて、タワーマンションは非常に高く設計されており、数多くのフロアがあります。
暮らしている住民の人数も、他の物件に比べて非常に多いのが特徴です。
特に高層階から地上の一階に下りる場合、ボタンを押しても、なかなか自分の階までやって来ず、5分以上待たされる事が日常茶飯事です。
様々な職種や働き方をする人々が暮らしているタワーマンションも多く、日中の昼間や土日祝祭日の深夜といったタイミングでも、エレベーターにスムーズに乗れないという問題が生じます。

タワーマンションへの引っ越しを検討している方は、そういったリスクを予め想定しておき、待たされるのが辛いと感じている方は、あえて高層階ではなく地上に近い部屋を選んでみるのも一つの決断です。
地上階に近ければ、スムーズに乗り込めますし、場合によっては階段を使って昇り降りすればOKです。

タワーマンションで見る夜の街の美しい景色

タワーマンションで見る夜の街の美しい景色 普段の生活で忙しく仕事などをしながら毎日を過ごしていると、ゆっくりと出来る時間というのは帰宅した後の時間だけではないでしょうか。
そのような仕事でハードな忙しい日々を過ごしている人にとって、タワーマンションというのは最適な住まいになる事は間違いありません。
タワーマンションの良いところというのは、なんと言っても高層階であれば特に美しい窓の外に広がる景色です。
高ければ障害物も少ない為に、遠くの景色まで見渡す事が出来て、夜にでもなれば、街の明かりが灯って、たくさんの光の粒の姿を上から眺めるという事が出来ます。
窓際でお酒などを飲みながら、夜景を見るという最高のシチュエーションは普通の日だけでなく、花火大会などの時でも遠くでやっている花火が方向さえ合えば見る事ができて更に楽しめます。
生活に関しても、タワーマンションの周辺には商業施設なども充実している事が多いので、安心して過ごす事が出来るはずでしょう。

新着情報

◎2023/5/15

情報を更新しました。
>契約前に知っておきたいタワーマンションのデメリットとは
>タワーマンションでの近隣住民とのトラブルを避けるために大事なこと
>タワーマンションはどんな地域に多く建つのか
>安全性を考慮するならタワーマンションがおすすめ
>タワーマンションと階数の関係について!低層階、高層階って何?

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>賃貸市場でも人気を集めているタワーマンション
>タワーマンションとは?その定義を詳しく解説!
>タワーマンションの維持費は割高になるケースがほとんどです
>タワーマンションはセキュリティが充実しています
>タワーマンションで一人暮らしをすることにはメリットがあります

◎2021/6/25

地上に近い階のおすすめ理由
の情報を更新しました。

◎2021/4/16

エリアの特徴を把握しよう
の情報を更新しました。

◎2021/2/12

よくあるエレベーター問題
の情報を更新しました。

◎2020/12/9

値段の目安
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

サイト公開しました

「タワーマンション エレベーター」
に関連するツイート
Twitter

前に住んだことのあるタワーマンションは規模が大き過ぎてデパートのエレベーターみたいな雰囲気だった。それでも子どもはちゃんと挨拶してたな。 その後住んでる小規模マンションは挨拶も返って来るし“住まい”感がある。

ルイージタワーマンションとか作って住人じゃないからエレベーター使えないみたいなリアル感出して欲しい

タワーマンションとかが増えるなら 家具に求められるのは『運びやすさ』 分解して軽量化できる 狭いドア、狭い通路を楽に通れる エレベーターに載せられる そういう家具が求められるようになるのか。

タワーマンションは資産価値が高いとタワマン信仰が根強い感はありますが、エレベーターの乗り降りの時間、大規模修繕後の修繕積立金の大幅値上げ、上層階の気圧、緊急時の避難など表面化していない問題もこれから頻発する可能性が高い😵‍💫

【横浜のタワーマンション】THE YOKOHAMA FRONT TOWERを徹底解説! ザ・ヨコハマフロントタワーは、地上43階建ての複合タワーです。 最大の魅力は何と言っても、横浜駅直結という利便性でしょう。 タワーから繋がるデッキは、横浜駅きた西口エレベーターに直結しています。